初級者ファミリーが藤原スキー場を適していると思うコースと料金を解説!

アウトドア
スポンサーリンク

※2020年の話ですので料金プランなどはしっかりとサイトを見て決めていただくことをオススメします。

スキー初級者にとって藤原スキー場は抜群に適しています。
藤原スキー場に惹かれて毎年来ていますがなぜそこまで初級者に適しているのかを体験を元に今回の記事にまとめてみました。

ちなみにわが家の現在のレベル
僕 中級レベル(スキー2級)
妻 初級レベル(ボーゲン)
子供 初級レベル(ボーゲン) 

スポンサーリンク

初級者にやさしい短いコース!

初級者にとってのスキーは無駄な力を使うせいで上級者に比べてエネルギーを使います。うちの子も幼児から滑ってますがはじめのうちは転ぶことが多く、長い距離のゲレンデだと途中でくじけてしまうなんてことは多々ありました。このスキー場のゲレンデは全般的(初級~上級)に短いコースなので断然に助かります。

初級コース
ここのスキー場は3カ所リフトがあって初級者コースは真ん中の第2リフトを利用して2コース使えますが全長280mということです。
ほとんどがなだらかなコースで今でこそ1~2分ほどで降りれるようになった子供たちですがはじめの頃は転びながら5分くらいかけて降りてました。

コースが短いのであっという間にリフトに乗ることになりますがそこで体力と気持ちの回復が出来るのでちょうど良かったです。
ただし、そんな初級者が集まる第2リフトの土日祝は比較的混み合うのが欠点かもしれません。

中級コース
右手に見える中級の第1リフトの方は混雑時も比較的スムーズにリフトに乗れるので少しレベルが上がってきたらそちらに移動すると良いと思います。
中級といってもコース自体は400mと短いのでそこまで苦になることはありませんが狭いコースもあり急斜面に抵抗がある方は初級コースでしっかり基礎を固めてからの方がおススメです。

場所によっては上級者レベルじゃないか?と思われるところもありますが通常のルートを使っていればそこを滑ることはありません。
中級コースをスイスイ滑れる人でしたら3分前後ですが子供たちが初級者の間もない頃はいくつか難所があるので時間がかかることもありました。

上級コース
ちなみに第1リフトを左手に降りた途中にある第3リフトは上級者コースなので初級者が滑るには難しいのですが距離的には350mと短いので自信が着いたら滑ってみるのも良いと思います。
今までここのリフトで並ぶことはほとんどありませんでした。
感触的にはコブコブしたところは少ないですが比較的急勾配なので試しに連れて行った子供は滑り切れずに抱えながら降りて来ることとなりました。

リフト券が抜群に安いので初級者でもお得!

僕もずいぶんと色々なスキー場には行ってきましたが1日券を買うと4~5,000円位するところはざらにあります。
当然、スキー場のバリエーションやクオリティの高さ、立地条件などが価格を決めているのでしょうから中級者~上級者は滑りつくせるのでそれはそれでお得なのかもしれません。

でも、わが家は初級者です!

それでも何度かかつて行っていた1日券4~5,000円のスキー場で滑ったりしましたがコースの5分の1も滑らないのになんかもったいないな、と心の中で思っていました。
そこで初級者に適した価格とコースを探していたところに出会ったのが藤原スキー場です。

定価
大人3,500円、子供2,500円ともともと安いリフト券ですが初級者が滑るには正直もう少し安いレベルだろ!と思います。
そこでさらに安くしてくれるクーポンが公式であるんですがそこのページを印刷またはスマホ(タブレット)の画面を見せるとこうなりました。

クーポン価格
これはファミリーパックですが
大人1子供1だと 6,000円→5,000円
定価に比べると1,000円安くなります。

大人2子供2の場合はこうなります。
大人2子供2 12,000円→9,000円
4人まとめて買うのが条件ですが定価に比べると3,000円安くなりました。

4人で割っても一人頭2,250円ってかなり安いと思います。

リフト券クーポン以外にもホテルサンバードの温泉施設や昼食を利用できるクーポンもあるので藤原スキー場クーポンページで自分に合ったのを探してみてはいかがでしょうか。

外部クーポン
他にもSURF&SNOW(外部クーポン)アソビュー(外部クーポン)などもあり価格的には似た感じのものがありますがさほど変わりません。
※条件によっては微妙な差があるのでチェックしてみる価値はあると思います。

公式クーポンに関しては前売りとかの手続きもないのでその場でクーポンページを開いて見せればOKなので前日の天気をみて行くぞ!ということもメリットだと考えております。

スキーレンタルをセットで買うと損な理由

ここはスキーレンタルする人だけ読んでいただければと思います。
レンタルスキーを借りるには藤原スキー場内と水上インターからの道すがらに借りる方法があります。
ですが時間と価格を抑えたいわが家にとっては藤原スキー場で借りるとなるとそんな気持ちになります。

価格の問題
藤原スキー場ではスキーレンタルはリフト券購入者の場合セット500円引きと書いてありますので定価が大人3,500円子供2500円。
差し引くと
大人3,500円→3,000円
子供2,500円→2,000円
となります。

もちろん藤原スキー場内で借りたいという人は損も得もないですがわが家は出来れば安くしたいので最寄りの水上インター付近で借ります。
水上インターを出て信号のすぐ左手にレンタルロッキーと水上インターの信号左折して300mにあるレンタルスキーショップ水上が安いレンタルスキー屋さんがあります。

どちらも大人2,200円子供1,650円なので藤原スキー場内でリフト券を購入した場合のレンタルと比較するとこうなります。
大人3,000円→2,200円
子供2,000円→1,650円
家族4人だと
10,000円(藤原スキー場内)→7,700円(水上インター付近)
となりました。

時間の問題
もう一つ損な理由と思うことは藤原スキー場の土日祝日のオープン8:30前はレンタルがメチャ混んでいる時があるので時間通り着いたのになかなかリフトに乗れないのも困ります、早く滑りたいから!
外部のレンタル屋さんが混んでいないというわけではありませんがスキー場内に比べて客の総数が違うので比較的スムーズに借りれてそんなに待ちません。

まとめ

藤原スキー場はコースが短くて初級者にとってちょうど良いレベルでした。
※ただし、中級者以上のレベル以上になるとコース自体が少ないのでちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

はじめてスキーをするという人は有名な大きなゲレンデに行ってもほとんど初級者コースしか滑らないのに4~5,000円支払う感じではないでしょうか?
スキーに行くのって楽しいけど結構お金かかりますよね。
それを思えばスキーをやりたてホヤホヤの家族がいるならばコースと料金のコスパは良いと思いますのでおススメなところだと思います。

まだ自信がない初級者はここで何本も滑って上達してから大きなゲレンデで色々と滑るのも手かもしれませんよ。

ここまでが初級者ファミリーが藤原スキー場を適していると思うコースと料金を解説!の話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました_(._.)_

タイトルとURLをコピーしました