【体験ブログ】高宕山自然動物園は猿の餌やりと川遊びの穴場スポット

アウトドア
スポンサーリンク

久しぶりに来ました!
サルの楽園、千葉県の富津市にある高宕山自然動物園。
君津や南房総に遊びに来た時の抱き合わせスポットですが子供たちのお気に入りの場所です。

なぜお気に入りか?
➡そこそこ安い
➡そこそこ空いてる
➡そこそこ楽しい

この条件が揃っているので気軽に来れるのが良いところですがアクセスはあまり良くありません。
たまたまこのブログに来た人は場所がわからないと思うのでGoogleマップを載せておきますね。
君津の大人気レジャー施設、マザー牧場から車で25分くらいのところにあるんですが高宕山自然動物園は知らない人も多いのではないでしょうか?
実際、僕もはじめて知ったのはドライブしている時に看板を見たことがきっかけでした。
というわけで今回は千葉県の穴場スポット、高宕山自然動物園がどんなところかを体験ブログとして書かせていただきます。

スポンサーリンク

混雑なしで駐車場代も無料

富津中央IC方面から県道88号に入って走ってしばらくすると左側に高宕山自然動物園の案内板が出ているのでそこを左折すると間もなく大きい駐車場があります。
駐車場は係員もいなくて料金を払うこともありませんので適当なところに駐車して大丈夫です。

料金はいかほど?割引クーポンはあるのか?

駐車場から階段を少し昇って行くと受付の小屋が見えてくるのでそこでお金を払います。
料金は以下の通りです。

大人300円 小学生100円

家族4人で入っても800円で済みますが嫁さんは以前に来たので外で待っているというので500円払って入場しました。

サルを見るだけでもいいのですがエサやりが目的なので小屋にいる係員さんに「エサください」というともらえます。

エサの種類
さつまいも 100円
落花生 100円
相葉君大豆 300円

相葉君大豆ってなんやねん?って調べてみたら以前に志村動物園の企画で相葉君が考えた流しソーメン風の大豆コロコロということでした。

クーポン値引きはないのか?
どうやらJAF会員の証明をすれば餌代100円分が無料でもらえるらしい。
JAF会員ではない人はHISのクーポンも1枚につき5人分利用できるのでおススメです。
他にもありましたがHISは手続きも簡単で見せるだけなので気軽に使えます。

ちなみに僕はリサーチ不足でしっかりとエサ代を払いました…

サルのエサやりはどんな感じだったか?

受付の小屋を出ていくと右手に網のフェンスで仕切られたサルだけの広場があります。
数十匹いたかと思いますが人間が来ると網際に集まってきて早くエサをくれと言わんばかりに網から手を出してきます。
人間に対して決して狂暴ではないのですがサル同士のエサの取り合いはまさに噛み合いの喧嘩状態です。

ちなみに野生のサルがフェンスの外に普通にいます。
決して襲ってくるそぶりはなかったですがそれでも何があるかわからないので小さい子供を連れている人は注意した方が良いと思います。

話は戻りますがたいてい大きいサルがエサを持つ人の前に陣取って隣の方に小さいサルが欲しそうに見ています。
ここで無理に小さいサルにあげようとすると大きいサルに襲われるのでかえって可哀そうになります。
差別しては可哀そうですがやはり小さい猿にあげたい!というわけで作戦を考えました。

おとり作戦
とりあえず大きいサルにあげる
大きいサルはもらった瞬間にエサに意識が行くので止まる
その隙を狙って小さいサルに近づいてあげる
小さいサルはもらって距離を空けるように逃げる

小さいサルにゆっくりあげようとしているとエサをもらったサルでも片手に持ちながら押しのけて来るので短期決戦です。サルの世界は結構怖い…

相葉君ソーメン流しというエサやり?

先ほど相葉君大豆の話をしましたが変わったエサやり方法がありました。
後で気付いたので今回はやらなかったですが聞いてみると300円のペットボトルに入った大豆を網から出たパイプに水で流すというやり方です。
係員さん曰く、水を流すとパイプのところにサルが群がって来るのでそれから大豆を流せば良いということでした。

次に来た時はやるという約束を子供たちとしたので楽しみです。

駐車場の横で川遊び出来る場所がある

高宕山自然動物園は言ってもそこまで長居できるところではありません。
よっぽどサル好きならずっと見ていられるんでしょうが普通にエサをあげ終えてしまうまでに長くても数十分というところ。
3人で500円とエサ代で数十分だと物足りないので川で遊ぶのも良いと思います。

駐車場から下に降りる道があるのでもすぐに着きます。
川はそんなに大きくありませんが水浴び程度は出来るし小さい魚が泳いでいるのが見えました。
イメージ的には幼児くらいの子供たちが遊べるくらいで小学3,5年の子供たちはものの数分で飽きてしまいましたがね…

感想(レビュー)

わが家は二度目の来園ですがわざわざ高宕山自然動物園のために来ることはないと思います。ですが間近でサルを見れてエサやりできるところは少ないのでちょっと寄り道して遊びに行くには時間的にもお値段的にもお手頃でした。
以前に書いた南伊豆の【波勝崎苑でクーポン利用】猿(サル)好き必見!大接近スポットの話と比較すると波勝崎苑のほうはフェンスもなくて近いですがその分ちょっと怖いかも…

高宕山自然動物園に来たのは日曜日ですが二度ともほとんど混んでいませんでした。
子連れで来ている人やデートで来ている人など色々でしたがあまり知られていない穴場スポットとしてちょっと気になるところですね。

ここまでが【体験ブログ】高宕山自然動物園は猿の餌やりと川遊びの穴場スポットのお話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

2019/9/9の台風により被害を受けたようです。
詳しくは富津市のHPよりご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました