鈴廣かまぼこでかわいい「海のすふれデザートカップ教室」を体験♪

インドア
スポンサーリンク

神奈川県民なのにあの有名なかまぼこの鈴廣に行ったことがないということで今日は初鈴廣で社会科見学兼ねて色々勉強してみることに!!!

箱根に行く途中によく通るのですがわが家はそこまでかまぼこに興味があるわけではなくなんとなくスルーしてきました。

県民としては少しくらい知っておいた方がいいよね!ちょうどこの日は小田原わんぱく公園に遊びに来ていたので旅のお供に少し足を伸ばして寄っていくべし(^^)

2018年夏の企画/鈴廣のかまぼこ博物館「海のすふれデザートカップ教室を体験♪」

海のすふれデザートカップ教室といってももちろんアラフォオヤジが体験するわけではなく小学4年生の娘に体験させてみたわけですが父ちゃんは付き添いとして背後から横やりを入れる係です(笑)

一緒に体験していた子もうちの子くらいかそれより小さい女の子(小学生)
かというところでそれくらいの子に人気なんだな!?というのは体験してみてよく分かった!うちのような小学男児のように「ガオー 」とか言ってるやつは興味がないね(^^;

男兄弟で育った僕もこんな体験を真近で見ることはなかったですが僕が作ってるわけではないのに作るために下書きして試行錯誤で作って完成したときの達成感と出来上がった作品の可愛さが案外新鮮な感じがして楽しかったです♪

体験談はあとで後述しますがそれまでの待ち時間を有効利用しなければならなかったお話もご紹介しときます(^^)

スポンサーリンク

当日予約は基本的にキャンセル待ち

思いつきで「よーし鈴廣のかまぼこに見学に行こう!」となったSHINQ一家ですがやっぱり行くとなったらいっぱい楽しみたいじゃん、ということで工場見学や体験しようぜ!という話になります。

日曜日13:00くらいに到着(夏休み期間)

かまぼこ博物館に入ってすぐに受付があったので今日はどんなことが出来るか聞いてみた。

工場見学は出来るのか?かまぼこづくりは体験できるのか?
工場見学はガラス越しに見ることができるのですがかまぼこづくりは予約制になっていて満席状態(><)

あれ?まさか当日では体験は出来ないのか?この辺がわが家の行き当たりばったり行動は基本的に受け付けられない状況であると判明。

妻は「かまぼこ作り体験かちくわづくり体験ができればいいな」と言ってましたがことごとくアウト!聞いてみると半年前から予約できるので基本的に当日はキャンセル待ちなんですよと。

マジか!?ここで引き下がれないのでなにかしら空いてるのがないか聞いてみると15:30「海のすふれデザートカップ教室体験」はキャンセルが出たので出来ますよと言われました。

家族会議で娘がやりたいということなので予約しましたが15:30の最終のみしか空いてなかったので滑り込みセーフ(^^;

なるほど、当日予約というのは基本的に難しいもので事前に予約を取っておかないといけないんだな、と勉強になりました(^^)

時間まで鈴廣かまぼこを楽しむには?

現在13:00 体験教室15:30
というわけで時間調整しないといけません。もちろん鈴廣かまぼこ博物館ははじめてくるところなので体験教室だけして帰るはずもなく色々と回りました。

1階はお土産コーナーやかまぼこについての紹介、工場見学、かまぼこづくり体験などがありました。

妻はかまぼこづくり体験に未練があったのか他の方がやっているかまぼこづくりを食い入るように見てましたが職人さんの見本の手際の良さと体験者の違いに「やっぱりプロは違うんだね、というか板にくっつけるの全部手作りなんだ」とあらためて店に並べられているかまぼこに対しての見る目が変わりました(笑)

鈴廣で子供が大喜びしたもの①

小学2年の息子は3階にある体に内臓が映し出される映像に食いついて一人ではしゃいでいましたがきっと最近はまっている進撃の巨人と勘違いしているんでしょう(^^;

さすがに博物館だけでは30分もあれば十分事足りてしまうので子供たちの大好きな縁日がでているという隣の鈴なり市場に移動。

鈴廣で子供が大喜びしたもの②

縁日と言ってもプチ縁日でヨーヨー釣り、スーパーボールすくい、駄菓子すくいの3種類ですがうちの子供たちには十分な遊びですし各種100円なのでフトコロにも優しいです♪

二人ともスーパーボールすくいをしましたがすくった分だけもらえるわけではなく、必ず5個もらえますので1個すくおうが10個すくおうが変わりません(笑)

お腹を満たすために鈴なり市場のすず天さんのオススメ♪

鈴なり市場にはさまざまな食べ物屋さんがあるのですが庶民派のわが家が選んだのは「すず天」です。

なんでここを選んだかというとあんまり聞いたことがないようなかまぼこを使ったメニューにそそられたからです(^^)

【頼んだメニュー】

● 海鮮お好み  ● おっとと  ● ポテとっと  ● お魚カツサンド
● 冷やしおでん(イタリアン)

名前を聞くとなんじゃそれってのもありますがすべてかまぼこの材料を使ったもので面白そうなメニューですがここでわが家はどれが一番かゲームをしました!

このゲームは小食の子供たちが一品ずつまんべんなく食べさせる目的もあります。しかしやってみると面白い結果となりました。

食べ終わった後に「いっせいのせ」で指をさしたら子供たちはポテトっとで大人たちは海鮮お好みで二分されたのです!

味好みはさまざまでしょうけど普段食べないようなものが食べれるので結構おススメのお店でした(^^)

鈴なり市場にもお土産屋さんがあったので一通りみて歩いて集合時間の15:20にかまぼこ博物館3階の体験教室へ移動!

海のすふれデザートカップ教室を体験♪

さて、ここからが本題の体験教室ですが教室に入るためには準備があります。
必ず用意された帽子とエプロンを着用するのですが娘1人が体験なのに家族3人が付き添いで入ろうとしたら「すいません、体験1人付き付き添い1人なんです」ということでSHINQ一家は赤面(><)
というわけで付き添い代表として父ちゃんが選抜されました!!!

かわいい「海のすふれデザートカップ準備から完成まで」

教室内は衛生面への気遣いが行き届いているので帽子とエプロン手洗い。

15:30着席して先生から説明を受けて作業に取り掛かります。

基本的には一作業ずつこなしていきますが道具が人数分あるわけではないので順番に使ったりもします。

①ブルーベリージャムをプラスチックのカップの下に敷く
②スフレをかわいい模様に切り取る
③切り取ったスフレをプラスチックの側面に張り付ける(2つは残す)
④コーンフレークをカップの満タンまで入れる
⑤ホイップを敷く
⑥アイスに飾りつける下書きを書く
⑦アイスをのせる
⑧アイスに飾り付けをするかかりそう(残った2つのスフレはここで使う
⑨頭にコーンをのせて完成

こんなかわいいものが出来上がるんですね♪
この体験のお値段はというと540円です!結構安いね、買うとしてもこれに近い金額かかりそう(^^;

子供たちの夏休みの思い出になってくれるといいんだけどこの後一瞬でこのかわいいすふれデザートが消えたのは言うまでもない。。。

ちなみにすふれは魚海老すり身が練り込まれていてあとは伊達巻の用法でオリジナルということで販売してるので先生から宣伝もあり(^^)

最後に体験者へ「箱根百年水」という鈴廣のかまぼこづくりには欠かせない水というのを1本プレゼントしていただけたのですが実はお土産に1本(149円)購入してしまったという。。。

ここまでが鈴廣かまぼこかわいい海のすふれデザートカップ教室を体験♪のお話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました