【波勝崎苑でクーポン利用】猿(サル)好き必見!大接近スポットの話

アウトドア
スポンサーリンク

クーポン利用した波勝崎苑で猿に大接近!子供は大喜び

南伊豆にはどうやら猿の楽園があるという!?
波勝崎苑(はがちさきえん)モンキーパークという名前らしい。

子供たちは猿を観れるということで大喜びでしたが今まで行った猿園とは想像がつかないくらいの大接近でちょっとビビってしまったというほどでした。

その波勝崎苑がどこにあるのかという話からして行きます。

スポンサーリンク

波勝崎苑はどこにあるの?(アクセス)

南伊豆は基本、車で行かないとアクセスが悪いです。
長泉沼津IC(東名)から車で約2時間20分(約100Km)ですのでかなり遠いのはわかってもらえるかと思いますがサル好きならなんのその!

というほどうちの子はサルが好きだったっけ?
僕が思うにサルに会うためだけにその距離を走るのは勘弁ということで抱き合わせ物件にするのをおススメします。

観光地の下田駅からでも車で約50分(約30Km)のアクセスですのでこれまた遠いんですが伊豆半島は大きいのでこれくらいは許容範囲としよう。

場所はこちらで確認してください。
〒415-0531 静岡県賀茂郡南伊豆町伊浜字大窪の段2622-1

TEL:(0558)67-0050
波勝崎苑(Googleマップ)

猿はいくらで観れるの?(クーポン利用料金)

入場料金を払えばあとはバスで3分くらい?のところに連れて行ってくれます。

入場料金はこちら 大人700円 子供350円

とはいえ正規料金で払うとわが家のファミリー(大人2人子供2人)だと2100という値段になります。

サル好きなら安いのか?高いのか?わかりませんが滞在時間は約1時間というところです。

で、安くならないか探したところありました(^^)

波勝崎苑の割引クーポン(10%OFF)
http://www4.tokai.or.jp/hagachizakien/image/pic_waribiki.jpg

ただしクーポン利用には条件がありました!(2018年7月の話)

今回僕は急遽タブレットからリンクして画像を受付で見せたのですが印刷以外はご利用できません。

と言われて実のところクーポンを使わせてもらえなかったです。
融通きかんな~とか思いつつもそんなことで争ってもしかたないから正規料金を払いましたよ( ノД`)シクシク…

ということでこのブログをみてから行く人はぜひ事前に印刷して準備をしておいてくださいまし。

おさらい
1、滞在時間1時間くらい
2、クーポン利用は印刷が条件
3、クーポン割引は10%OFF

料金の話はこの辺にしといてサルに合うまでの道のりの話をしていきます。

駐車場に着いてから猿に会うまで

駐車場はだだっ広いからまずは入れないということはなさそうです。
駐車場についたら係のかたが寄ってきてチケット売り場まで案内してくれました。

でもなんか急いでいる模様???
あ、サルのところに行く無料送迎バスですでに待っている人がいたからのようでしたがそこまで急がせないでよ…。

というわけで団体行動しないといけなかったらしくそそくさとチケット売り場に行き、印刷しないとダメだったクーポンの説明を受けて送迎バスに乗りました。

猿は海岸近くの施設にいたのでバスで3分くらいで連れていってもらいます。
停車するとすでにバスの外からたくさんの猿がお出迎えしてくれてました(^^)

子供はバスの中を移動して「あっちにいる、こっちにいる」と大はしゃぎですが実はこのサルたち、、、エサ待ちです(笑)

波勝崎苑の猿は接近して楽しむもの!

バスを降りたら野放しのサルが100匹以上?はいました。
「えっ、柵とかないんだ!?」
サルはこちらを警戒してるよですが僕らもあまりにも近いサルを警戒していました(^^;

1つ目の楽しみ方(猿との写真撮影)

野放しのサルが襲ってこないものかと考えもしましたがそんなことなら野放しにしているわけはないと少しずつ距離感を詰めて写真を撮らせてもらいます。

そこまで寄り切らなければ逃げることはないので案外写真慣れしてるのかもしれませんね。

係員さんが「ちょうどサルの赤ちゃんが生まれたばっかりなんですよ」と言ってましたが5匹くらいチビザルちゃんを見ることも出来てタイミングが良かったみたいです♪

2つ目の楽しみ方(猿の餌付け)

外では餌付けしてはいけないのですが施設の中にはいると格子がありそこから格子越しに餌をあげられるようになってます。

ここはサルとの接近率は最高潮ですのでスリル感ありの楽しみが出来ます。
餌は施設内で販売しているので【さつまいも350円】を購入です。
あとは自由にあげてどうぞ、ということですがここで一工夫をお教えします。

さつまいもをそのまま一かけらずつあげていくと早くにあげ終わってしまうのでさつまいも一かけらを半分に折ってかけら数を増やしていくと餌付けも時間かけて楽しめるのでぜひ参考に♪

弱い猿に餌をあげる方法

サルは強いものが餌を独占してしまうようなので自分より弱いサルが近くに来ると威嚇して遠ざけてしまいます。

子どもたちは「あの子にあげれてないからあげたい」といいますがそこは強いサルがそうはさせてくれません。

そこで一知恵、強いサルにあげたらすぐに弱いほうの猿にあげてみなと。
餌を食べてる瞬間は動きが止まるのであげやすくなります。
そんなこんなで20分くらいはサルの餌付けをして楽しみました♪

3つ目の楽しみ方(シュノーケリング)

サルとの触れ合いはこれくらいなのですがすぐ下に海があるので実はそこでシュノーケリングが出来るということです!!!

あとで気付きましたがここは波勝崎苑モンキービーチという名前もあったのです!!!

事前に調べていれば入りたかったですがすでにほかでシュノーケリングしていたのと時間的な関係で今回は諦めました(><)

サルの場所から海岸に降りていくのですが基本的に石の浜です。
石は波のせいかほとんどが丸く削り取られていています。

30mくらいでしょうか、その石の上を歩いていくので足腰の不安定な方はやめた方がいいですが透き通った綺麗な海です。

波勝崎苑は猿と海が融合

その日はダイバーがいて係員の方が餌で猿を引き連れてダイバーさんとサルが写真を撮れるようにサービスしてくれてましたよ(^^)

シャワー(300円)はあるので海で遊んだ後は海水を流せそうですね。
食べるところはないので海で遊ぶ方は食事の準備は必要です。
売店はありますので飲み物は確保できます。

※2019年の情報だと料金が変わってました。
猿園 入園代+シャワー・更衣室 ¥1,500
シャワー代と更衣室代で800円ってこと?

 

まとめ

さて、サルと写真も撮って餌付けして綺麗な海を少し海を眺めてだいたい1時間半くらいでしたが十分に楽しめました♪

コスパ的にはどうなんだろ?

滞在時間1時間半(磯遊び込なのでサルだけなら1時間)
入場料2100えん(クーポン利用なら1890円)
エサ代 さつまいも350円

シュノーケルとBBQも出来るらしいので一日いることも出来そうですがサルだけなら抱き合わせ物件のほうがおススメです。

詳しくは波勝崎苑モンキービーチのサイトをご覧ください。
monkey-beach.com – このドメインはお名前.comで取得されています。

ここまでが【波勝崎苑でクーポン利用】猿(サル)好き必見!大接近スポットの話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にも色々レジャースポット情報を体験談として混ぜてますので興味がある方はぜひご覧になってください。

こちらから確認できます ⇒ サイトマップ(目次)
タイトルとURLをコピーしました