【三戸浜で無料キャンプ・BBQをリサーチ】季節ごとに遊びに来てわかったこと!

アウトドア
スポンサーリンク

数年前に神奈川県の三浦半島にある三戸浜と出会ってから年に数回、真冬以外のほとんどの季節にBBQ・キャンプをしに来ています。

僕にとっては大のお気に入りの場所で人に教えるのはもったいないけどもはや色んな人が紹介しているので出し惜しみはしません。

三浦半島の(勝手に)秘境と思う海岸を数多く訪れましたが三戸浜の魅力に敵うものはないと言っても過言ではないでしょう。

ただし好き好きもあると思うので比較するのに以下の記事を載せておきます。
すべて無料でBBQが出来るところですのでぜひ合わせて読んでください(^^)

三戸浜と比較対象とした浜諸磯の関連記事はこちら
三浦の秘境!穴場BBQスポット!三戸浜と浜諸磯を徹底比較
神奈川の秘境!浜諸磯でシュノーケルとキャンプを楽しむための下準備

では三戸浜が大好きな僕の視点から徹底的に観察したことを今回の話とさせていただきますのでぜひ最後まで読んでください(^^)

スポンサーリンク

BBQ・キャンプ・海遊びが出来る5つの区画

三戸浜は今のところ(2019年5月現在)キャンプやBBQを禁止としている条例や現地での案内はありません。

しかし!

GW後に今年初の三戸浜を訪れたところ三戸浜の1区画だけキャンプ・BBQが禁止になっているところがありました。

現地の人に聞いてみたところ台風で木が倒れて危険な状態になっているから、ということですが今後の解除の見通しは立っていないようです。
その場所も含めて僕が(勝手に)考えた区画を5つ紹介していきます。

1、防波堤の奥の区画(最南端)

さきほど話した今年は入れないよ、という区画ですが一応復旧を期待して紹介させていただきます。
防波堤を越えると小さい浜があり岩もあるというこじんまりとしたプライベートビーチ感があります。

特徴
駐車場からの距離 1分~
トイレの有無 直ぐ近くにあり(汲み取り式)※昨年から利用不可のため5分~
磯遊び 出来ます(岩場が多いです)
海水浴 出来ます(やや狭いです)
シュノーケル 出来ます(奥の岩場の隙間が狙い目です)
PR 手前は人が多いが奥へ行くと少ないのでプライベート感が強いです

2、防波堤の手前の区画
三戸浜唯一の売店にも近くて駐車場が真横に停められます。
民宿や民家もあり近くにあるので安心感が最もある場所ではないでしょうか。
さらに防波堤に囲まれているため海水浴するのに穏やかな状態なので小さい子連れファミリーにはおススメです。

特徴
駐車場からの距離 真横
トイレの有無 歩いて3分~(水洗)※防波堤の奥が閉鎖のため少し遠いです
磯遊び 出来ます(防波堤の横の石積にカニがいます)
海水浴 出来ます(やや広いです)
シュノーケル 出来ます(防波堤の横の石積付近に魚が見えます)
PR ファミリー層には安心感があり人が集まる場所でもあります

3、三浦市農協付近の区画

水洗トイレに囲まれていて三戸浜唯一の売店にも近く駐車場も充実しているありがたい区画。
岩場が近くにないので海水浴メインとなりますが湾になっているため波も穏やかで子連れファミリーでも安心して利用できます。

特徴
駐車場からの距離 1分~ ※2か所ありそれぞれが近い
トイレの有無 歩いて1分~(水洗)※トイレも2か所に囲まれています
磯遊び 出来ません
海水浴 出来ます(広いです)
シュノーケル 出来ますがあまり期待できません
PR 海岸線が広いのでスペースが確保しやすくファミリー層にも安心の場所です

4、ビーチバム付近の区画
ビーチバムはバーベキューテラスやマリンスポーツなどを有料で提供している三戸浜唯一のリゾート感が味わえる施設です。

⇩ビーチバムの情報はこちら⇩
http://www.beach-bum.jp/

目の前が海岸になってますがマリンスポーツの出入り口になっているので適してませんが最も空いている区画です。

砂浜が硬くて黒く?他の区画に比べて汚れている感じがありますので個人的にはなんとなく避けたい気分になります。

トイレは仮設のボットン利用か三浦農協の方まで移動(5分~)して水洗トイレに移動することも出来ます。

特徴
駐車場からの距離 3分~
トイレの有無 歩いて3分~(汲み取り式)※ビーチバムのトイレは利用できません
磯遊び 出来ません
海水浴 出来ます(広いです)
シュノーケル 出来ますがあまり期待できません
PR 海岸線は広いですがこの辺を利用しているかたは少ないので穴場ではあります、が個人的には利用したことはありません

5、三戸浜一のプライベートビーチ区画

個人的には最もオススメの区画です。
というのも磯遊びと海水浴とシュノーケリングを備えた場所であり奥へ行くほどプライベートビーチ感が増してきます。

問題は近くに民家がないこと、トイレが仮設のボットン、駐車スペースが少ない、道のりが入り組んでいる細い道を通るということです。
運転に自信がない方やボットン便所に抵抗のある方、安全面が気になる方はオススメしません。

特徴
駐車場からの距離 真横~
トイレの有無 真横~(汲み取り式)
磯遊び 出来ます(岩場が多いです)
海水浴 出来ます(局所に点々と小さい湾があります)
シュノーケル 岩場が多いのでだいぶ楽しめます
PR すべてにおいて自由度が高い区画で奥まで続いた海岸を散策してみるのも楽しいです

気になるトイレ情報

女性やファミリー層にはトイレの有無は気になるところだと思いますが三戸浜海岸線近くに全部で4カ所のトイレが確認できました。
※第1区画のトイレは現在利用不可

第1,2,3区画を利用の方は水洗トイレが近くなるのでそこまで抵抗ないと思いますが決して綺麗とは言えませんし多少の臭いも感じます。
しかし地元のかたが手入れしてくれているのはヒシヒシと伝わってきます。

小便用
大便用 ※女性用はわかりません

水洗のトイレはこのようになってますが第4,5区画の利用者は主に仮設の汲み取り式になるのでハートの弱い方は第1,2,3区画を利用することをオススメします。

また、仮設ボットンから水洗トイレまで徒歩で移動したら10分かかりましたので「それくらいへっちゃらだ」という方は第5区画のプライベートビーチが待ってます。

その噂の仮設汲み取り式はこんな感じです。
外観、内観共に綺麗ですしお手入れもされているのがわかります。
ただし、便器の中身は丸見えです…なので画像だせません。

ちなみに水洗は手洗い場がありますが仮設ボットンは手洗い場がありませんのでその辺も考慮する必要があります。

気になる水・シャワー情報

BBQやキャンプには水は必需品です。
また、海遊びした後のシャワーがあればいいですよね。

しかし!

三戸浜は海水浴場に指定されていないので海の家も監視員もいないところです。

三浦市の指定された海水浴場はこちらを参考に
http://www.city.miura.kanagawa.jp/shoukou/summer_umibiraki.html

また、公園が近くにあるわけでもないので水源が水洗トイレだけと思っていただいたほうがいいです。

※僕は確認したことがないので断言は出来ませんがシャワーが設置されているという情報がありました。(大人500円子供300円)

繁忙期はわかりませんがオフシーズンにはないので簡易式のシャワーや水の準備はしておいたほうがいいですよ。

帰りに体を洗い流したいといういう方は三浦市唯一の銭湯が車で15分くらいのところにあるので紹介しておきます。
駐車場があるので車で行くことは可能です。

クアーズMISAKI(銭湯)
https://misaki-no-sentou.jimdo.com/

気になる売店情報(BBQレンタルあり)

三戸浜には一軒だけ売店があります。
海の家ではないですが色々なサービスがありました。

・海グッズ
・飲料品
・軽食(販売のみ)
・アイス
・地産海産物
・釣り餌
・BBQ材料

営業時間は決まってないようで土日と天気が良い日は営業しているということです。
今回訪れたのは5月の日曜でしたが天気も良かったおかげか営業していました。
しかし「必ずしも」というわけではないので確認が必要です。

また、BBQセットをレンタルしてくれるようで営業してなくても事前予約があれば準備してくれるということでした。

BBQレンタルセット 2500円
食材 3000円/人
連絡先 山勝水産 046-895-3276または090-7016-1138

BBQに必要な食材や材料を準備する店

BBQやる人にとって食材は必需品です。
もちろん売店で買えれば良いですがすべてを備えているわけではないので他に買えるところが欲しいですよね。

前日に準備していたつもりで「あ、あれ忘れた」とかよくある話ですが三戸浜付近には唯一の売店と自販機しかありません。

そんな時は車で10分くらいのところにスーパーがあるのでよく利用してます。
繁忙期は9:00に買い物すると駐車場は満車になってしまうので買い忘れがないように気をつけないといけません。

三崎生鮮ジャンボ市場 平日9:00~18:30 土日祝9:00~18:30
〒238-0102 神奈川県三浦市南下浦町菊名751-10

もう一つは車で5分くらいのところにホームセンターがあります。
BBQ用品や雑貨、ちょっとした飲食物(菓子、カップラーメン、飲み物)なら購入できます。

カインズ三浦店 9:30~20:00
〒238-0113 神奈川県三浦市初声町273-3

ただ問題があります!

オフシーズンは土日でもこの時間で買い物して三戸浜の駐車場に停めれますが繁忙期(GWや夏期の土日)は間に合わない場合がありますので気をつけてください。

アクセス・駐車場・混雑状況

アクセス
決してアクセスが良いとは言えません。
だからこそ穴場スポットになっているところだと思います。
アクセスの悪さという意味は通りから奥まったところにあるというとこです。

車で来るのをおススメしますが中には公共機関を利用するかたもいるかもしれないのでいくつかご紹介します。

・三崎口駅より徒歩で約20分
・バスはほとんどないので期待しない方がいいです
・三浦縦貫道林入口から車で約10分

車の場合
第1~3区画までの駐車場は通りから見えるので「三戸海岸ナビ設定」
第4,5区画は駐車場の入口がわかりにくいので「ビーチバムをナビ設定」
※はじめての方は入口がどこにあるかわからないかもしれません。

第4,5区画駐車場

穴場スポットとはいえ三浦半島は人気の観光スポットがいっぱいです。
そのため繁忙期は道も激混み(渋滞)なので僕が考えた抜け道マップが役立つかもしれません。

このブログを読んでくれているあなただけに教える三浦半島抜け道マップ
上り渋滞必須の三浦半島!知って得する抜け道マップ

上り渋滞と書いてありますが下り渋滞にも応用できます。
繁忙期の下りは三浦縦貫道林入口を降りるまでと降りてからの渋滞がすごい。
さらに上りは三崎口駅付近からほとんど動かないなんてことも…。

駐車場
※はじめて来た人はこの看板見ると困ってしまうかもしれませんね。
オフシーズン、オフ日?は整理料金所がないですが繁忙期は係員がいます。

駐車場はGWと繁忙期、夏期付近の天気の良い土日は1200円/日
その他の日は無料・・・というか払うところがない

時間制限はありません。
駐車場は4カ所あり移動可能ですが混雑してると一度出ると空いてない場合があるので注意。
※経験上、夏期付近は天気任せなところもあるので着いてみないとわからないです。

混雑状況
・混雑期(プライベートビーチ感なし)
GW、夏休み全般(特に7,8月土日) ~9:00の時点で満車の可能性あり
前泊、早入りも出来ますが駐車券があるので係員さんが来たら徴収でした。

・閑散期(プライベートビーチ感あり)
その他の日 どんな時間でも停めれました。

どんなに混雑してようがBBQは出来るので問題はありません。

しかし!

三戸浜のプライベートビーチ感を味わいたいなら「~6月、9月~」がおススメです。

自由度の高い遊びを三戸浜で!

1、BBQ(バーベキュー)
2、キャンプ(泊まり可)
3、海水浴
4、釣り
5、シュノーケリング
6、磯遊び
7、砂浜遊び
8、花火
9、車中泊

僕が思いつくだけでもこれだけあります。
釣りに関して三戸浜は有名でいつも賑わっているようですが僕はまだ初心者レベルなのであまり突っ込んだ話はしないようにしてます…。

さすがに真冬はコア層くらいしか利用しないでしょうが今のところ自由度の高い遊び場であることは間違いありません。

とはいえ自由度を履き違えること、いわゆる「マナーやモラル」を守れないことでこういう場所が使えなくなるのは困るので大切に守って行きましょう。何度も足を運んだ結果、書き上げた記事ですが変化に気付くことがありましたら書き直しておきます。
決して公式の情報ではないので参考程度にお読みください。

ここまでが【三戸浜で無料キャンプ・BBQをリサーチ】季節ごとに遊びに来てわかったこと!のお話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にも低予算で遊べる穴場スポットを探して出掛けた話をしてますので興味がありましたらぜひご覧になってください。

サイトマップ(目次のようなもの)

 

タイトルとURLをコピーしました