なかがわ水遊園(栃木県大田原市)はGWも混雑なく格安の穴場スポットだった話

インドア
スポンサーリンク

【繁忙期のなかがわ水遊園を体験】オススメの穴場スポットだったという話

GWはどこも混んでいる?
という先入観の元、それでも空いている施設はないか?ということで選んだのがココです。

栃木県大田原市にある「なかがわ水遊園」というところ。

アクセスはこちらを参照(なかがわ水遊園公式サイト)
http://tnap.jp/park/access.php


川崎市に住んでいる僕は聞いたこともなかったですが旅の途中に寄ったあちこちの道の駅にチラシが置いてあるんです。

この辺では有名なのかな?
子供たちは行く気満々だったのでGWで混雑しているかもしれないが行ってきました。

今回はGW真っただ中の「なかがわ水遊園」というレジャー施設を体験して

➡繁忙期でも混雑が薄い
➡料金が格安だった
➡生き物と触れ合える
➡思った以上に鑑賞できる

➡雨の日でも大丈夫

という感想を元に話をすすめていきます。
なかがわ水遊園に興味があるけど現場はどうなってるの?と気になる方はぜひ最後まで読んで見てください。

スポンサーリンク

GW(繁忙期)でも待ち時間なく混雑と感じない

駐車場渋滞はあったか?

本来なら混雑が予想される施設にはオープン前に到着するのが僕の考えですが旅の途中でもありなかがわ水遊園には正午12時前の到着となりました。

たいてい繁忙期の施設は最後の信号で縦列をなしていますが拍子抜けも良いところ、水遊園方面に曲がって行く車がいません。

駐車場に到着してみるとガランガラン!ではないですが空いてるところは結構あってすんなり停めれました。

チケット売り場、園内の混雑状況は?

駐車場にすんなり入れてもチケット売り場で数十分待ちとか経験してきましたがチケット売り場の待ち時間はゼロ。

むむむ、これは混雑という概念をなくして良さそうだと感じました。
園内を歩いて回りましたが水槽を鑑賞する際、前の人がいなくなるの待つなんてことも皆無。

これが繁忙期のGWの真っただ中のなかがわ水遊園の姿か?

決して水遊園のクオリティが低いというわけではありません。
後述しますがむしろクオリティが高くて大人も子供も十分に楽しめました。

というわけでなかがわ水遊園は繁忙期のGWでも混雑具合を感じず楽しめる施設だったという体験でした。

え?水族館でこの料金は格安過ぎでしょ!?

ウィキペディアで調べてみると「なかがわ水遊園とは栃木県水産試験場に併設された淡水魚水族館及び関連する公園である」と書かれています。

僕がここで言っている水遊園は淡水魚水族館のことを指していたようです。

駐車場や水遊園内に入るのには料金はかかりません。
ここで格安と話しているのはこの淡水魚水族館の入場料のことですが都心付近の水族館とは比べものにならないくらい安くてクオリティが高いのが特徴的です。

料金 大人600円 子供250円 幼児無料
料金についての詳細はこちら(なかがわ水遊園公式サイト)
http://tnap.jp/park/userguide.php

もともと安いですがさらに安くなるクーポンがないか探しましたが見当たりません。

全国レジャー施設割引情報(参照)
http://park01.blog.fc2.com/blog-entry-435.html

⇧クーポンがない中でもかろうじて使えるという情報もありますが当日に来てクーポン即利用というのはないようです。

ま、家族4人で1700円だし十分すぎるほど十分で文句は一つもないですが出来れば!少しでも!安く済ませたい!と必死に探した姿でした。

子供が大喜び!水族館で水中生物と触れ合える

園内を鑑賞していくと水槽に入った生物を触ることが出来るコーナーがあります。

タッチング水槽についてはこちら(なかがわ水遊園公式サイト)
http://tnap.jp/aquarium/pavilion.php?id=141

僕が行ったときに触れることが出来た水中生物はこのような種類

・イトマキヒトデ
・ムラサキウニ
・バフンウニ
・トラザメ
・クサガメ
・アメリカザリガニ
・ガラ・ルファ

サメに触れるのは怖かったけど…触ってみると柔らかくて感動した(;^_^A
ガラ・ルファ(ドクターフィッシュ)がいる穴に手を入れるんですがメチャクチャ突っつかれました。(娘曰く、パパの手が汚いからだよ…と)

ここだけでも子供たちだけなら満足できるコーナーだと思うのでぜひ体験させてあげてください。

水族館の鑑賞は1時間以上、オススメはアマゾン川の淡水魚!

水中生物と触れあうのにも時間がかかりましたがそれを差し引いても園内を回るのに1時間くらいかかりました。

淡水魚水族館という名前の通り、海水魚ではない魚が鑑賞できます。

見どころはこちら
・再現された那珂川の源流から下流の生き物
・巨大水槽でアマゾン川の生き物を体感
・水中の生き物との触れ合い

公式サイトにも見どころは書いてありましたがその中でも群を抜いてアマゾン川の巨大水槽のところがおススメです。

アマゾン川の生き物のページはこちら(なかがわ水遊園公式サイト)
http://tnap.jp/aquarium/pavilion.php?id=145
アマゾン川の魚は海水魚かよ!と言わんばかりの大きさなので圧巻です。

日本の淡水魚も塩焼きで売っているようなサイズからは想像を超えるほど成長してドでかい!ぜひ実物を鑑賞してみてください。

淡水魚水族館は屋内施設なので雨の日でも楽しめる♪

休日に出掛けたいけど雨の日だとね。
子供たちは雨だろうがなんだろうが出掛けたいもんでそんな時はこの淡水魚水族館はとっておきの穴場スポットだと思います。

1時間以上かけて回ったとお話しましたが混雑していないのでもっとのんびりと吟味しながら鑑賞したり水中生物と触れ合ったりすることも出来ます。
最後にお土産屋さんコーナーもあるので2時間以上滞在できるくらいの大きな施設でした。

さらに!
イベントや体験もあるのでタイミングさえ合えば一日中いても飽きさせない工夫もあります。

イベント・体験情報はこちら(なかがわ水遊園公式サイト)
http://tnap.jp/topics/index.php

ここまでがなかがわ水遊園(栃木県大田原市)はGWも混雑なく格安の穴場スポットだった話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にも低予算で遊べる穴場スポットを探して出掛けた話をしてますので興味がありましたらぜひご覧になってください。
こちらをクリック ➡ サイトマップ(目次のようなもの)

タイトルとURLをコピーしました