秘境過ぎる遠津浜!行き方(アクセス)がナビに見捨てられた体験を元に!

アウトドア
スポンサーリンク

【2019年4月の日曜日の話】
神奈川県の三浦市にある秘境と有名な遠津浜でのんびり過ごすつもりがナビに従って行ったら悲惨な目に遭いました(><)

行く前に他の方のサイト情報をもとに現地の道の写真とかも確認するほど徹底してリサーチしていたんですが結果こうなりました。

残念 ⇒ 車で遠津浜に到着できなかった

僕の使ったナビは遠津浜すら出てこなかったので近くに来てからGoogleにナビってもらっての結果です。

悔しくて隣の大浦海水浴場に車を停めて海岸沿いを歩いて遠津浜に行き、徒歩往復数十分かけてテクテク逆走してまで行き方を確認しました。

さらに帰りにもう一度おさらいのため車で到着していますがこんな想いをしないようにぜひこのブログを読んだ方は参考にしていただきたい。

遠津浜への行き方(アクセス)とおススメしない理由

オススメしないんかい?と思われるかもしれませんがこれには理由があります。
秘境でありプライベートビーチ感は間違いなくあると思いましたが生半可な気持ちで行こうとは思わない方がいいです。

ですが利用方法も兼ねてこうすればいいんじゃないかというのも体験して感じたので最後まで読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

遠津浜までの5つの目印(アクセス)

だいぶ前置きが長くなりましたがまず車で到着出来なかった失敗談も含めてお話します。
遠津浜の近くまで来たとして目印となるところから順を追っていきますが目印となるスタート地点はこちらです。

目印その1(スタート)

デイリーヤマザキ フジトモ商店
神奈川県三浦市南下浦町松輪 松輪1368
間違いなくナビに出ると思いますが近くにENEOS 剣崎SS / (有)カネ久商店が見えれば間違いないでしょう。

矢印の方向に進みますがすでにこの場所が分岐点なので左にそれてください。(画像なしですいません)

ちなみにこのヤマザキが一番近いコンビニで海岸付近には売店はないです。
海に近いコンビニだからか釣り餌もこちらに売っていて息子が入ると同時に「クサイ」と言ったので嫁さんに小突かれる…。

目印その2

ようこそ三浦の民宿へ!の看板
300mほど進むとY字路に差し掛かります。
目印となるのはようこそ三浦の民宿へ!の看板です。

道なりに右へ行くと大浦海水浴場の入り口まで行くことが出来ますがそっちへは行かないでください。

この看板のY字路を矢印の方向(左)にそれて行きます。
しっかりと曲がるのはあと2回なので頑張ってください。

目印その3

農道3差路分岐
僕が失敗したのはまさにこの分岐路です。
ここを間違うと手が付けられないほどの恐怖の崖の道に誘導されるので注意。

「遠津浜はこちら」

のような優しい表示は一切ありませんので間違えないでください。
この分岐路の画像をしっかり覚えて右に降りて行きましょう。
細い道でカーブがありますので運転に自信がない方はこの先を行くことはおススメしません。

目印その4

最後のT字路
先ほどの分岐路を右に降りて来るとまもなく最後のT字路が見えますので左に曲がってください。

ここを左折した道は細くなっていてすれ違いが出来ず、草木が擦るような狭さもあり、片側は用水路なので落ちる危険もあります。

何度も言います!
運転に自信がなければここで引き返すのも手です!
しかし違う道を通って帰ろうとするともっと悲惨な目に遭いますので来た道を帰るようにしてください。

目印その5(ゴール)

遠津浜への入口
細い道を道なりに来るとホントに大丈夫かな?というようなところですがここまで来れば大丈夫です。
このような風景が見えて来ますがここが「遠津浜の入口」と名付けました。

他のサイトでぬかるんでるという情報もチラホラ見ましたがこの先が土の道になっていますので雨が降った時にはきっとぬかるんでいるんしょう。

ちなみに今回は天気続きだったのでカラッカラでした。
海岸手前のこの道がぬかるんでいたんですかね?

道に迷った時の対処法

この目印通りに間違いなく来れれば遠津浜に到着出来ます。
僕のように一本間違えた道に入ってしまったせいで悲惨な想いをしませんように。

崖っぷちの道路(道に迷った時)

草木のトンネル(道に迷った時)

〇 子供が半べそをかくほど悲惨な目に遭った状況

⇒ 崖から落ちそうになる
⇒ 車が草木にこすれて傷つく
⇒ 窓から草木の住人(昆虫)が侵入
⇒ 先がわからない恐怖に陥る

〇 困難な道と思い込んでいたため道に迷ったことに気付かなかった時のネットで仕入れた情報

⇒ セレナで来た
⇒ 運転初心者はやめた方がいい
⇒ ぬかるんでる
⇒ 道が狭い

というさまざまな情報が頭にあったのでそれなりに覚悟してきたためか悲惨な道に迷い込んでも疑いもせずに進んでしまったわけでした(^^;

目印その3を通過したら引き返すのが得策

目印その3の農道分岐路を曲がり損ねても次の分岐路を右にそれていくとその先にも右折して遠津浜に抜ける道はあります・・・・・・がおススメしません。

とてつもなく道が狭いのでヘタすれば農地に転落する恐れと草木で車を擦ることになるので引き返すという選択肢をおススメします。

ここが迷って悲惨な目に遭った入口だからです…。

遠津浜をおススメしない4つの理由

言わずもが遠津浜は僕が三浦の海に行った中でも秘境中の秘境だと思います。
ですが秘境なだけに不便と感じるところはとても多く感じました。

【子連れ家族必見】
「わが家のように家族で行くとなると女性と子供がいるので気になるところが多くなるのは仕方ないと思いますがそれがおススメしない理由です」

それがプライベートビーチの神髄なんだからいいんだよ!
という方には本当に申し分ない秘境だと思います。

理由その1

トイレがない
※追記2019年6月16日に来たときに仮設トイレ(ボットン)が2か所設置されていました。

プライベートビーチとはいえトイレが近くにないというのは条件としてはかなり厳しい感じです。

車で移動すれば目印その1のコンビニに行けるのと海岸伝いの岸壁を越えれば大浦海水浴場に出るという手段を取れますがオススメ出来る手段とは言えません。

理由その2

駐車スペースが少ない
ざっと見た限りでは駐車スペースは10台停めれるかどうかですがそれも半分くらいは通路に連なって停めているので奥に入ると出るためには他の駐車している方に移動してもらう必要があります。
理由その1にも当てはまりますが駐車スペースが少ないので一度出てしまうと戻って来た時に駐車スペースが空いているとは限りません。

追記 2019年6月16日に来たときに奥の駐車場はロープが張られていて進入できないようになってました。

理由その3

セキュリティー面(安全性)が低い
完全に孤立した海岸なので何か起こっても近隣に助けを求めることが出来ないということ。
周りは岸壁に囲まれていて内陸に戻っても当分は畑しかない状態です。
海岸伝いで大浦海水浴場に移動出来ますが小さい子供や足腰に不安がある方が移動するには難易度が高いと思います。

理由その4

アクセスが悪い

先ほども話しましたが運転が苦手な方は遠津浜まで来るのはヒヤヒヤもんだと思います。
手順通り来れば到着はしますがすれ違い出来ないような用水路と草木に挟まれた道を通るということを十分に理解しておくことが必要です。

また、ぬかるみが酷い場合はスリップしてしまうことも考えられますので注意が必要じゃないでしょうか。

まとめ

遠津浜へのアクセスは道を1本間違うと悲惨な目に遭いますのでぜひ目印を頼りに一番スムーズな道を選んでください。
※ナビの能力が高ければ問題ないかもしれませんがどの道を選ぶのでしょう?

家族連れにはオススメしません!
もう一度オススメしない理由を読んでそれでもというイメージが出来たかたにとってはプライベートビーチ感は最高です。

三浦半島のひっそりとたたずんだビーチでBBQをしてきましたが遠津浜は秘境過ぎたというのが最後のまとめとさせていただきます。

ここまでが秘境過ぎる遠津浜!行き方(アクセス)がナビに見捨てられた体験を元に!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

遠津浜の話は三浦の秘境!穴場BBQスポット!大浦海水浴場と遠津浜を徹底比較でもしていますので合わせて読んでみてください(^^)

タイトルとURLをコピーしました