難聴か?耳がこもって聞こえずらい!まさかこんなことが原因だった体験記

暮らし/体験
スポンサーリンク

耳がこもって聞こえないので耳鼻科に行ってみたら思ってもいなかった原因が!?

「耳がこもるという」という感覚は山や飛行機で高いところに行ったときに感じる気圧の変化によるアレです。

時々起こることはあったんですが耳抜きをすることによって一時的に解消する状態でしたのでなんの疑いもなく生活していました。

しかし頻度が増えてきた!というか抜いても抜いた気がしない状態に変わってきたのでいよいよこれはおかしな現象だな?と思うようになってきました。
➡基本的になんとかなるかな、って思っているんで(^^;

限界だな!って思い始めたのはこんな状況になった時からでした。

耳のこもりが深くなって音が聞こえずらくなった。

○ 耳鳴りが頻繁に起こるようになってきた。


○ 耳が痛くなってきた。

さすがの悠長な僕でもこれはなんかの病気だ!と思わざるをえません。

生活には支障は少ないですがストレスを強く感じて怖さが出てきたので病院嫌いの僕が耳鼻科に行くことにしました。
➡大袈裟ですが病院なんて年に1回行けば多いくらいですから(^^;

予測していた耳の病気は「難聴」「耳管閉塞症」、もしくは耳垢が詰まりまくってる。
➡医療の勉強をかじってきただけに病院に行く時には必ず自分の症状と病気を当てはめて行きます(^^;

というわけでいよいよ耳鼻科にレッツゴー🏥

スポンサーリンク

耳のこもる症状に対しておこなった検査

まずはじめに症状を事細かく先生にお話してどんな検査をしてもらえるのかというところです。

検査内容

○ 耳の中が実際におかしくなっていないかカメラ撮影
肉眼で確認したが問題なし。
痛かった右耳が自分でほじくりすぎたせいか炎症気味


難聴の検査ということで音を聞き取るテスト
➡ はじめてやったが音が出ている時にボタンを押す作業で結果の用紙を見る限りでは問題なし

う~ん、耳の検査的には問題ないし、とりあえず耳の病気がなかったことはよかった。

けど原因がなんなのかわからない???

耳の病気はないのにこんなことが原因!?

先生からもはっきりした答えをいただいたわけではございません。
しかし鼻のつまりが記憶にないくらい昔からあったことを話してみました。

ナザールという鼻詰まりの市販薬を使用しないと苦しくて寝れないのは日常的。
仮にナザールを使わないと朝起きた時に喉が痛くて辛いんです(^^;

実際にナザールの鼻詰まりを一時的に消す効力は高いのは使っていて嫌っていうほど思い知らされています。

先生「ナザール使ってるんだね」
SHINQ「これがないと無理です、でもこれ使うと血圧が上昇したような感じがするんです」
先生「ナザールは心臓にも影響及ぼすからね」
SHINQ「やっぱりそうなんですか」
先生「ナザール使わない方法もあるよ」

もしかしたら鼻炎が耳のこもる症状を引き出しているかもしれないので鼻炎の薬を出してもらって経過観察。

鼻炎の薬を2週間飲み続けてどうなった?

耳には異常は見られないし鼻炎の薬を真面目に2週間飲み続けてきました結果こんな状態になりました。

耳のこもる症状は1週間ほどで完治。

○ 耳鳴りはその後発生していない。

鼻の詰まりは弱いが寝る前以外はナザールを使用しなくても問題なく生活できる。

総合的に判断すると耳の症状は全くなくなって鼻炎も酷い時の状況から考えると軽くなったがナザールを手放せる状況とはいかない。

実際ナザールを使用しなくても寝れるんじゃないか?説もあるが多少の詰まりがあるのでとりあえずふた吹きのところをひと吹きに減らしてはいる。

というわけで「なぞの耳のこもりの原因」はどうだったかというと。

○ 鼻炎の症状が軽くなるに伴って消失した。

このまま耳が聞こえなくなったらどうしようと最悪の事態も考えていましたがどうやらそれは免れたようです。

しかし鼻炎は完治というのはないのでうまく付き合っていかないといけないということも言われています。

薬が切れた今、病院へ行ってませんが服用期間がない状態が続くことによってどのような状況になるか?というのは予測がつかないです。

レーザー治療という選択肢もあって鼻粘膜の表面をレーザーで照射すると、腫れていた粘膜が凝固して鼻の中の空間が広がり鼻づまりが解消する方法です。

症状に対してはかなり有効的という話でやる気満々でしたが症状がおさまっている今、実行に移すか否かは思考中(^^;

とりあえず、鼻炎が原因で耳がこもって聞こえないという最悪な状況は改善されたという体験のお話とさせていただきました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

暮らし/体験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHINQをフォローする
スポンサーリンク
低コストで高クオリティに楽しむブログ
タイトルとURLをコピーしました