南伊豆の夏人気スポットのヒリゾ浜を攻略!(駐車場編)

アウトドア
スポンサーリンク

前回の話『南伊豆の夏人気スポットのヒリゾ浜を攻略!(前泊編)』 は駐車場に着いたところまででしたが今回は駐車場からヒリゾ浜へ渡船するまでのお話で続けていきます。

ヒリゾ浜の駐車場入場から渡船を攻略!!!

事前情報で駐車場制限があるという話。
どこが大変でどんな楽しみがあるのか攻略するために確かめてきた!
【本日は2018年7月1日曇りのち晴れ気温30度水温24度】

さて、道の駅下加茂温泉湯の浜から5時に移動してヒリゾ浜駐車場に向かっていったというところでしたが早朝から色んなハプニングで心中はドキドキしながら駐車場付近に到着。

見回してみながら「あ~この時間なのに結構車いるもんだね」とか話しながら難なく駐車場には入れましたがネット情報ではこんなことが。
・ 車中泊禁止
・ 駐車場1000円
・ 3:30以前だと2000円
と書いてありましたが到着してみると

係員すらいません!

きっとあとで徴収にくるのかな?と思いながら付近を散歩していました。
駐車場は大きく3か所くらいありましたが5時半過ぎの時点では5割も埋まっていないくらいでした。

☑攻略ポイント
このシーズンで早朝5時に人が動いているのだからハイシーズンに攻略するなら早朝3時だな、とメモメモ。

スポンサーリンク

ヒリゾ浜に渡船するまでの時間

8時に渡船開始ですがチケットの販売開始時間はわからなかったのでとりあえず散歩しながらウロウロしていると防波堤で釣りしてるとか防波堤の上で寝転んで日光浴?仮眠?していたり車の後ろにテーブル出して食事してる人もいました。
一つの疑問が・・・。

車中泊してたっぽいな(^^;
もしかしてこの時期は意外とルーズな感じ?全然前泊も問題ないような感じでした。

基本的にトイレもあるし自動販売機もあるし一服スペースもあるので道の駅と何ら変わらない車中泊可能設備は整ってます。
公けに車中泊していいよ、とは書いていませんがなんか大丈夫っぽい。

※これは個人的な見解なので鵜呑みにしないでください。
ウロウロしてても時間は余るのでとりあえずチケット販売時間まで車の中で寝っ転がってよ。

チケット販売開始時間も攻略要素

7時になったくらいで人がチケット売り場に歩き始めたのが見えたのでそろそろ販売開始し始めたかな?と僕も車を降りて移動。
チケット売り場も込み合うのかな~とか思っていたのですが全然です。
まばらに人が集まって普通に買えました。

☑攻略ポイント
さほど攻略するほどではないが早く購入した方が後々ヒリゾ浜で場所取りするのに関わってくるのでハイシーズンはきっとここからが攻略するのがポイントになるかもしれません。

チケット売り場のかたに「駐車場料金はかからないのですか?」と尋ねてみると「7月14日から9月30日までかかりますよ」ってことでこの時期は駐車場料金1000円はかからないということです。

というわけでヒリゾ浜の遊び代金は

チケット代金(渡船)/大人2人1500円×2+子供500円×2=4000円

ネットで混雑状況を予想したサイトがあるのですが本日は日曜だけど「C」でこれは「空いている」になります。

A~Hまでありますが14日は「H」で「激しく混雑」となってました。
僕は以下のサイトを参考にさせていただきました。
「参考 hirizohama-snorkeling-izulife.com/2018/06/11/ヒリゾ浜-混雑状況・予想2018年7月8月9月平日休日混雑/」

空いているのがどのような状況かもわかりませんので今回は「C」の「空いている」がどれくらいの状況かも紹介できればと考えていました。

もちろん「C」であれ4時間近くかけて入れませんでしたというのは絶対に嫌だったので「H」までの準備ではないですがそれなりに保険をかけた方法をとりましたよ。
ともあれ、チケットは難なく買えたので今度は8時の渡船の時間待ち。

8時の渡船までの準備

8時に渡船ということでヒリゾ浜に渡ったら何もない情報を元にトイレや着替えを済ましておかないといけませんね。
周りもその時間に合わせてかガヤガヤ動き出します。

注意が必要なトイレ問題を攻略

中央の駐車場の前にはトイレが一つしかありません。
皆さん下準備としてその時間にトイレに集中し始めてきました。

僕ももちろんしとかないととは軽く思っていたのでのんびり構えていたのですが急な腹痛が襲ってきました。

そんな苦しい表情をだすのは格好悪いのでそれとなくトイレに行くと大のほうに4人ウェイティング(便器2つ)してました。

やばい!!!(ちびまる子ちゃんの青筋状態です)

すると波が一度おさまりました、ふぅ~命拾いしたぜ!!!
一旦トイレから離れます。

もちろん第二波が時間差でやってきます。
頼む!思いとトイレに行くと今度は即は入れました!ふぅ~
しかし、トイレから出てみるとまた2人ウェイティングが・・・。

☑攻略ポイント
というわけでトイレのご利用は計画的に!!!
女子トイレもウェイティングで外まで並んでましたよ。
ちなみにあとで気付いたのですが中央の駐車場に入る数十メートル手前にちっさい駐車場とトイレがありましたのでそんな思いをしたくないかたはそこのトイレも視野に入れておいてください(^^;

渡船直前の行列を攻略

あっという間に時間が過ぎて7時40分に渡船のために並び始めました。
その時点で80人目くらいになっていました。

☑攻略ポイント
この順番はヒリゾ浜に上陸したときの場所取りに関係しますので早ければ早いに越したことがないのでチケット購入した時点で並ぶべし!

ちなみにこの時点で車の駐車率は6,7割程度だったのでこのシーズンであれば8時に着いても十分に入場できるということがわかりました。

渡船は2船で回しているようで5分に1船は来るという情報でしたが大体そんな感じです。
1船20人くらい乗れるようなの5船目くらいでやっと乗船出来ましたので8時30分前だったと思います。

船は結構早いです!僕は船舶保持者なのですが小さい10人乗りくらいしか操船したことがないのでここまでスピードは出せません。
このスピード感はヒリゾ浜まで2分程度ですが子供たちも大喜びでプチ満足でした(^^)

次の記事がいよいよヒリゾ浜に上陸♪

ここまでが南伊豆の夏人気スポットのヒリゾ浜を攻略!(駐車場編)のお話とさせていただきました(^^)
いよいよ、ヒリゾ浜に到着ですがその話は次の記事にまとめさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ぜひこちらの記事もご覧ください(^^)

南伊豆の夏人気スポットのヒリゾ浜を攻略(上陸編)
http://datsusara-shinq.com/2018/07/04/hirizohama-koryakusono3/
南伊豆の夏人気スポットのヒリゾ浜を攻略!(前泊編)
http://datsusara-shinq.com/2018/07/03/hirizohama-koryakusono1/

 

タイトルとURLをコピーしました