BBQと川遊びのセットでお得♪「ぶなの湯」を格安に利用する方法!

温泉/浴場
スポンサーリンク

はじめてここを訪れたのが2年前!丹沢湖までドライブ観光にきて足を伸ばしてさらに奥地へ。丹沢湖から10分弱車を走らせると中川温泉という看板を発見。

調べてみると温泉宿はいくつかあるし日帰り入浴も出来そうだ!しかし格安を求めるわが家は公共の温泉に目を光らせています。

すると中川温泉の中に山北町立の「ぶなの湯」という温泉を見つけました。道を右にそれて降りて行くと「ぶなの湯」は川の横に位置しています。

【ぶなの湯の場所はこちら】

【ぶなの湯詳細はこちらから】
http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=241(山北町HPより)


ぶなの湯の駐車場に停めて上から川を覗くと「エメラルドグリーンの超絶綺麗な川」を目のあたりにしました!!!この時、温泉に来たはずの目的が明らかに気持ちが川のほうを向いてしまったのは言うまでもない(^^;
僕の中では綺麗な川の横にある温泉!という第一印象です。

「ぶなの湯」の駐車場を利用してBBQや川遊びをした後の入浴はセット価格で格安

通常キャンプ場に行くとデイキャンプ(日帰り)では場所代と人数代が加算されるケースが多い。

施設力が増すにつれて料金体系もあがる傾向があるがピンキリと言っていいでしょう。

安いキャンプ場でもあるがここは中川温泉という「武田信玄の隠し湯」という説があり歴史深さを感じる温泉でもある。

温泉だけなら2時間大人700円子供400円(全日)という料金体系で家族4人で2200円で入れるというのはこの施設力としては決して高くはなく平均的。

わが家の考える温泉利用料2500円以下というところでは格安な部類でもある。
しかしそれだけでは終われないのがデイキャンプも含まれたいわゆるセット価格が生じるところである。

スポンサーリンク

ぶなの湯のどこが格安なのか?

家族4人で2時間2200円(全日)という話をしましたがこれだけでも日帰りの入浴と考えたらそんなに高くはありません。

休憩室に料金が発生する施設もありますが無料で提供してもらえるので温泉好きはひと休憩後にもう1セットくらい入ることも出来ます。

※ちなみに1日滞在型だと大人1000円子供700円、家族で3400円ですが「ぶなの湯」で1日入浴は療養型になりますね。

天候にも左右されますが川という自然と触れ合った後に温泉に入れると考えた時に格安感を実感できますしそれなら1日滞在型で3400円でもありです。

しかしその場合のセット料金が3400円ではなく2200円に変わるのです。
内訳は大人2人×1000円(駐車場代+入浴代、1日滞在型)子供2人×400円(入浴代、2時間)=2200円

いわゆる大人は1日入浴しようが何しようが駐車場から車出さなければ1000円で自由に使っていいよ、子供は1日何してもいいけど入浴だけは2時間だよ、という条件です。
※2人以上で来た場合は必ず大人1000円×2人は支払います。

川遊びは夏じゃないとやりたくないですがデイキャンプBBQということでした通年やろうと思えばできますし四季折々楽しめるのではないでしょうか♪

また、車を停めてハイキングすることだってできますから最後に温泉に入れば疲れもとれて癒し効果も抜群!

セット価格でお得になるといった意味がわかっていただけたでしょうか?僕らがはじめて来たときは2時間温泉だけでしたが夏の川遊びを求めてリピートさせていただいたのでセット価格も堪能しました(^^)

ぶなの湯はどんな温泉?

「ぶなの湯」は簡単に言うとアルカリ性の温泉です。そのため肌がつるつるした感じになるのが実感できますが僕としてはにおい・味・色フェチなのでそこは物足りまかったです。鍼灸師のクセに温泉の効用とか無視してます(^^;

妻は肌触りが良かったと言ってましたし僕は温泉を出てから汗が一向に引かなかったのでかなり温まったのが実感できました。

内湯と露天風呂1つずつありますがそれぞれ40度と41度設定(加温)なのでそこまで熱いとは感じません。

夕方だったせいかお客さんが多く、洗い場は占有率が高くてタイミングを見計らって使用する状況となりましたが数えてみたら内9か所、外2か所なのでそこそこあるんですけどね。

露天風呂はやや小さめで大人6人くらいでそれ以上だと窮屈になりますが露天風呂のほうがあつ湯なので個人的にはそっちに入りたい。

これで川が見えればいうことないですが残念ながら仕切られているので空くらいしか見えません。

内湯は結構広々としてるしぬる湯なのでリラックスできるほうと言えば内湯です。

混雑具合によると思いますが遊んだ後の風呂の時間は集中するので時間に余裕があれば少しのんびりしてから遅い時間に温泉狙い!のほうが贅沢な気分で入れるかもしれませんね(^^)

休憩所でのんびりして時間調整

休憩所の役割はのんびりとすることですが帰り道が1本道なので渋滞を避ける意味でもゆっくりとしていたほうがいい時もあります、が賭けですね(^^;

僕が来たのは天気最高で駐車場満タン状態の子供の夏休み最後の日曜日でしたが17時半に大井松田方面に戻っていく時に国道246が渋滞していました。

脇道(谷峨駅入口)はあるのですが試してみたら間違いなく国道246のほうが早かった…。脇道も渋滞で合流地点でかなり差がつきます。もう少し試したい道がありましたが次の機会に。

話は戻りますがここの休憩所は食事をすることはできませんけど無料でお茶が飲めることとテレビもあるので時間を潰すのには適しています。

寝そべっていても問題はないですが土日祝(4月~11月)は10:00~19:00までの営業時間ですので最後までいたら東名上りを使う場合は渋滞直撃タイムに。

まとめ

山北町立「ぶなの湯」を目的で来るのもいいですがせっかくなので川遊び・BBQ・ハイキングをセットプランで格安に楽しむのも良い方法です♪

武田信玄の隠れ湯として歴史深さを感じつつアルカリ性のお湯で肌がつるつるになって体を温めましょう。

2時間入浴コース 大人700円子供400円 家族4人2200円
1日遊んで入浴コース 大人1000円子供400円 家族4人2800円
1日温泉療養コース 大人1000円子供700円 家族4人3400円
あなたはどれを選びますか?笑

そういえば以前平日の休みに来たときには空いていてプライベートビーチ感がたっぷりだったから良かったなぁ…。

そうそう月曜の休館日は駐車場利用料1000円×2人がかかるけど温泉には入れないので次回に入浴だけしていいってこと、なんじゃそりゃ笑

というわけでBBQと川遊びのセットでお得♪「ぶなの湯」を格安に利用する方法!のお話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

川遊びのに関する話はこちらの記事から(^^)
超絶綺麗な川遊び!ぶなの湯の駐車場利用で無料でBBQを楽しめる♪
http://datsusara-shinq.com/2018/08/27/bunanoyu-kawaasobi/

タイトルとURLをコピーしました