超絶綺麗な川遊び!ぶなの湯の駐車場利用で無料でBBQを楽しめる♪

アウトドア
スポンサーリンク

僕がこの川に出会ったのは2年前の話!丹沢湖にドライブ観光がてら立寄った時のことでした。
、、、と冒頭からそれますが最新情報の紹介もしておきます。

2019年版 まだまだ楽しめるぶなの湯の最新情報を兼ねて体験記事を書きました。
【ぶなの湯で川遊びの体験ブログ】子供が楽しい5つの遊び方♪
合わせて読んでいただくと詳しくわかりますのでぜひどうぞ(^^)

、、、とそれましたが話を戻します。

目的は中川温泉「ぶなの湯」という山北町立の温泉施設に浸かって行こうと来たわけですが川の横に位置する「ぶなの湯」そこの川が「超絶」というほどエメラルドグリーンで綺麗ではありませんか!!!


【ぶなの湯の場所はこちら】

【ぶなの湯詳細はこちらから】
http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=241(山北町HPより)


立寄ったのはちょうど暑い夏でしたがそこの川でBBQやら川遊びしている人たちがいたので降りて遊んで良いということはわかりました。

とはいえこんなに綺麗な川でBBQと川遊びするんだから料金もそこそこかかるんだろうな!とも予想していました。

まぁ、その日はBBQセットも水着も準備していなかったからとりあえず温泉だけ浸かって行こうと「ぶなの湯」で情報収集がてら聞いてみるとビックリ!!!川遊びとBBQするのにほとんど料金かからないじゃん。

丹沢湖の奥地に格安で川遊びとBBQ出来る超絶綺麗な場所を発見!

神奈川県の遊べる綺麗な川を探して色々とリサーチしつつドライブを重ねてきましたが施設があって格安で遊べる川に出会えたことはほとんどありませんでした。

川崎に住んでいると川に入ることはまず考えられないしBBQも無料で出来るところほぼほぼありません。

実は2年前にすぐにリベンジして来たのですが昨年はタイミングが合わず断念。
今年の夏こそはとアウトドア大好きのわが家は心待ちにしていましたがいよいよ夏の最後に天候に恵まれてくることが出来ました♪

そんなおススメの場所!
はじめて訪れる場所でしたらどのように遊ぶのかを知りたくないですか!?
とはいえ隠れた人気スポットなので実は大混雑してせっかく来たのに遊べない場合もありますので心得をお教えします(^^)

スポンサーリンク

ぶなの湯の下の河内川で遊ぶ心得!

※追記 2019年8月6日
以下の文章で「中川川」と書いまいてますが「河内川」が本当らしいです。
文章の訂正はしていないので変換してお読みください_(._.)_

何て名前なんだろ?とグーグルマップに出てこないので聞いてみると「中川川」と判明した。

この中川川で格安で水遊びとBBQが出来るというお話をしましたが支払う料金は無料ではありません。

ただしこの奥地まで遊び道具を持ってバスで来ることが出来れば交通費のみで遊ぶことは可能です。

小田急線新松田駅から富士急湘南バス「西丹沢」行きバスで約1時間「中川」バス停で下車1030円、徒歩2分となります。

山北駅や谷峨駅も経由しているのでそこからも乗れるようですが1時間に1本あるかないかといとこなのでバスはハードル高そうですね(^^;

詳しくはこちらから検索するとわかりやすいです。
参考 https://www.navitime.co.jp/poi?node=00518352(バス情報)

心得の一つですがまずみんなが行きたい夏の土日休日の目標到着時間を知っとくといいですね♪

土日休日に駐車場を確保するための到着時間

車で来た場合、もしここで川遊びとBBQするなら駐車場がないと遊ぶことができません。

到着時間が遅くなり満車となった場合はせっかくはるばる来たのに他をあたってくださいとお断りされますので注意してください。

混雑時は8:30の時点ですでに8割くらい駐車場は埋まっていて9:30過ぎたころにはすでにお断りされるので日によっては9:00には到着してないと厳しいかもしれません。

僕も侮っていましたがそれほどまでに人気があるということがわかりますね(^^)

丹沢湖方面からぶなの湯を通り過ぎて少し行くと同じように川遊びとBBQしているところはありますが路駐だしトイレがないので基本的にはNGポイントかと思われます。

さらに先に行くと有料ですが西丹沢大滝キャンプ場があってそこもデイキャンプの受け入れはあるということです。
参考 http://ootakicampsite.com/index.html(西丹沢大滝キャンプ場)

とりあえずご利用は計画的に!の考えが必要だということを覚えておいた方がいいでしょう(^^)

ご利用するために必要な料金と条件

温泉好きのわが家としては当たり前のように温泉に入って行くので施設利用料?ほぼ無料に近いじゃん!という感じになりますがぶなの湯の下の中川川で車で来て遊ぶには駐車場に停めさせてもらわないと行けません。

結局いくらかかるの?

利用料金は大人分1000円×2(駐車場代と入浴代含む)が必要で入浴しない人にとっては駐車場代2000円となります。

※2年前に来たときは大人分1000円×1だったので変わった理由を聞いてみるとおそらく入浴しないで帰る人がいるらしい、ということです。

ぶなの湯としては温泉施設であり駐車場を貸す代わりに入浴してほしいのです。
わが家の場合子供2人なので遊び終わった後に入浴して行くと全部で2800円となります。

内訳は大人2人1000円×2(駐車代+入浴代、1日滞在費)子供2人400円×2(入浴2時間滞在費)ということになります。

※駐車場は一度出ると再び料金を徴収されるので注意。※大人通常700円(2時間)なので差引300円×2=600円が駐車場代と考えることが出来ます。

入浴代だけ考えると高いかもしれませんがBBQと川遊びを1日出来て温泉に入れて2800円と考えたら格安です♪

BBQ出来るスペースと川遊びの注意点

駐車場さえ停めることが出来ればもはやご自由にどうぞ!となるのですがこの「ぶなの湯」の目の前の中川川は超絶綺麗ですがテントやタープを張れるスペースが基本的に狭いです。

さらに平らな部分は少なく軽い斜面になっているところが多いためテントよりタープ&椅子のほうが活躍できるという印象。

テントは張れないわけではないですが早い者勝ちとなるので陣取りするならさらに時間を早めてくるのがおススメです。

2度来てますが川の違いを感じました。1度目の時は川の水量も少なくて幼児だった息子も遊ばせていて危険な感じはしなかったのですが2度目の今回は数日前に大雨が降ったせいで少し増水気味。

増水してくれていたせいで小学生くらいの子供なら川に流れて遊べるし大きな岩からジャンプして遊ぶことも出来ました。

水量が少ない時はジャンプできるところも少なかったし流れて遊ぶのも短い距離で安全度も高かったです。

上流に上っていくと滝がありますが増水時はかなり危険なので気をつけるべし。
当たり前ですが川の水量によって川の顔も変わるのでそういう意味では何度も来ても飽きがないでしょう。

ぶなの湯は施設は貸してくれますが川遊びは自己管理になっているので楽しみたいなら最善の安全管理を忘れずに!

BBQと川遊びに必要なアイテム

●川の中に魚が泳いでいますのでシュノーケルや眼鏡があれば見れるかも。
●浮き輪やライフジャケットがあれば川に流れて遊ぶときに楽しい。
●水辺にカニや小魚もいるので水槽、バケツと網があれば便利。
●アクアシューズは必須、足場は悪いのでサンダルは危険だし流されます。
●BBQは直火してる人もいますがせっかく綺麗な川、汚したくないのでコンロ。
●木陰もありますが日除けにタープやサンシェード(テント)、イスも必須。
●飲み物は現地調達できますが食材は事前調達が必要。

最低限この辺は準備しておけば楽しめます♪駐車場から川までは近いので荷物が多くてもそんなに苦ではなく下準備をしっかりしておけば思い出に残る場所になるのは間違いなし(^^)

最後に

何度も言いますが川は「超絶綺麗」です♪
綺麗な川は他にもあるかもしれませんがそこで「格安にBBQや川遊びをして温泉」に入ることが出来る場所はあまりお目にかかりませんので思い出作りにぜひ行ってみてください(^^)

川は天候と休日のタイミングがとても大切なのでやはり土日休日は混雑するということを忘れずに!混雑予想時は9:00までには到着できるようにしてください。
※条件によってはそれでも遅いという状況も考えられます。

お泊りキャンプ施設ではないのでデイキャンプしか出来ません。
最後にはるばる来ても駐車場お断りになりますし必要なものを忘れたり安全の自己管理しておかないと100%楽しめないので事前の準備は怠ることなかれ!

ここまでが超絶綺麗な川遊び!ぶなの湯の駐車場利用で無料でBBQを楽しめる♪のお話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。


川遊びとBBQした後の温泉の話はこちらから(^^)
BBQと川遊びのセットでお得♪「ぶなの湯」を格安に利用する方法!
http://datsusara-shinq.com/2018/08/28/bunanoyu-onsen/

タイトルとURLをコピーしました