猪苗代湖にて無料でキャンプ湖水浴が可能な場所をリサーチ!

アウトドア
スポンサーリンク

川崎~山形~福島と車中泊旅行の旅をしてきましたが子供たちが関東では体験できない湖水浴をしようと猪苗代湖に連れてきました!

しかしその日はあいにくの天気で数日前までの真夏日がウソのように気温24度しかありません(><)

旅行に付き合わせた子供たちにホント申し訳ない気分でいっぱいでしたがここでお土産も持たずに帰るわけにはいかないので猪苗代湖リサーチをすることにしました!

無料でキャンプ湖水浴が出来る猪苗代湖の遊泳場をリサーチ

今回の旅の前にネットを検索して無料で駐車場もお泊りキャンプも出来る湖水浴場を探してました。

色々ヒットするんですがなかなか内情がイメージしにくかったので実際に足を運んでみるのが一番だということで家族を巻き込んで猪苗代の湖北から湖南を時計回りに半周することに。

2年前に無料情報を元に会津側の「崎川浜キャンプ場」でお泊りキャンプと湖水浴をした経験があるのです。

その時は駐車場代もキャンプ代も無料でしたが夕方過ぎになるとおばちゃんと子供がこちらに寄ってきて注意されるのかな?と思っていたら連絡先を聞かれた覚えがありますがあとは自由でした。

湖南行政センターに問合わせたら会津と湖南は管轄が違うらしいのでそっちはよく分からないと言われました。

スポンサーリンク

道の駅猪苗代から有料駐車場が確認できるところ

リサーチのために移動した順に紹介していきますがスタートは猪苗代湖の北側の「道の駅猪苗代」で買い物した後に湖岸を東回りしていきました。

有料駐車場が確認できるところは天神浜~志田浜~上戸浜まではハッキリとしてます。

浜路浜第一遊泳場
も少し離れたところに確認は出来ますが目の前には有料駐車場はなくて田んぼの横に2~3台ほどのスペースがありますが停めていいかは不明。

浜路浜第二遊泳場
は田んぼの横に少し多めに数台ほどのスペースがありますが停めていいかは不明。

というわけでグレーな部分も含めて有料ラインとしました。
※あとで湖南行政センターに確認してみたら部落の共有地で停めていいとは言えないけど邪魔にならなければというニュアンスでした。

猪苗代湖の無料で駐車場キャンプ湖水浴可能な遊泳場

僕がハッキリと確認できたのは大きく分けて横沢浜~館浜~船津浜~青松浜~秋山浜の5か所ですが会津の崎川浜も似たような感じです。

さらに会津側の崎川浜は湖南区域では禁止されているジェットスキーヤーがたくさんいた覚えがあります。

湖北は基本的に観光客が多くて賑わっているため有料でも人が集まりやすそうですが湖南は湖北よりも自然豊かで地元の方や知る人ぞ知る場所なのでしょう。←勝手な解釈ですが!

横沢浜遊泳場

浜路浜から南下していくと今度は少しだけ整備されたような駐車場を発見!ここならイケるんではないかと車を停めて湖岸に入っていくと入り口付近に炊事場がありました。

おや?ここはキャンプしていいよ!という風に僕には見えた(^^)
案内板を見ると「たき火はできません。カマドを利用しましょう。」と書いてあります。※11月~4月利用禁止

心配性の僕は湖南行政センターに連絡してお泊りキャンプも駐車場も使って大丈夫か確認をとりました。

「ゴミの管理だけ注意していただければ大丈夫です」という以外は問題がないそうなのでま一つ目の無料駐車場&お泊りキャンプ情報GETしました!

基本的にはこれから紹介するところも同じ条件ですので無料駐車場&お泊りキャンプ出来るというのはその他の浜は割愛します。

この横沢浜は比較的こじんまりとしているのでプライベートビーチ感があるので僕的には好きです♪
ビーチのサイズは約250m×50m

横沢浜炊事場

少し小さめですがプライベートビーチ感を求めるならばまさしくここです。ビーチからわりと近めなので勝手もよさそう♪

館浜遊泳場

横沢浜を南下していくと今度はあれ?ずいぶんハッキリと駐車場と書かれたところがある!それもかなり広い駐車場だし後ろめたさもなく停めれました。

館浜湖水浴管理本部という建物もあり浜のほうへ向かって行くと炊事場もカマドも普通の有料施設にあるようなものが完備されています。

神奈川ではこんな贅沢な無料施設みたことない!とちょっと興奮気味の僕でした(笑)
広さも横沢浜とは比べ物にならないほどですので館浜はおそらく条件がいいと賑わうでしょうね。

さらにここには監視塔もあり安全面にも考慮してあるので小さい子様連れの家族にとってはありがたいところです。
ビーチのサイズは約800m×30m

館浜炊事場

炊事場は広いですがビーチ自体が大きいので数と比例しているかどうかはわかりません。ビーチから離れていますが立派です♪

船津浜遊泳場

さらに南下していくと船津浜があります。
駐車場も炊事場もしっかりとしていて館浜同様に贅沢な無料施設でしたが若干館浜よりもスケールは小さいのかな?という印象ですが館浜同様監視塔もあるので安心して湖水浴が出来る場所です。

しかし後で調べたら船津浜の隣に公園がありそこでもキャンプが出来るような案内がありました。

公園があるのは気付いてはいたのですが公園探してるわけじゃないしということで普通にスルーしてしまうという失態(><)
ビーチのサイズは約400m×30m

船津浜炊事場

ここも立派な炊事場がありますがビーチから離れていますが立派な炊事場があります♪立派ってなんだろ?って思いましたがそう感じました(^^;

青松浜遊泳場

横沢浜~館浜~船津浜は比較的近い位置にあるのですが次の青松浜はそこから山道をクネクネと曲がりくねったりして車で15分程度走らせます。

「あれ~なかなか出てこないぞ~、見落としたかな?」とか話しながら進んできましたが道路から右折して奥に入ったところに湖水場らしきもの発見!

駐車場、トイレ、炊事場、管理室?がまとまってあって目の前が浜になっているので目が行き届きやすいというのが印象的でした。

炊事場の奥にいくと小さい橋があり松林があるのですがそこは国有林なのでキャンプは禁止!浜のほうだったらいいよと言われました。

湖岸は管理室?らしき場所が目の前にあるので安全面も問題なさそうです。
ビーチのサイズは約200m×5m

青松浜炊事場

横沢浜より少し小さいですがプライベートビーチ感があります♪炊事場のの前の目の届くところに水遊び出来る程度の浜はあります。遊泳場は橋を渡ったところにあるので離れています。

秋山浜遊泳場

この先に目と鼻の先に秋山浜があるのですがサーチミスで行き忘れましたが湖南行政センターにあとから聞いたら横沢浜~秋山浜は同様の管理しているというお話をいただきました!

相変わらず間の抜けている…。
情報不足なのでリベンジしたときには確認してきます!

まとめ

道の駅猪苗代から時計回りに南下してくると有料の天神浜~志田浜~上戸浜があり有料か微妙な浜路浜を越えたところから完全無料の横沢浜~館浜~船津浜~青松浜~秋山浜がありました。

足ばやで見てきたので見落としているところもあるかもしれませんが地元の方が清潔に保ってくれているのがよくわかるくらいとても綺麗なビーチばかりです。

これだけの装備で無料で提供してくれるところはほとんど見たことがないので今後も無料で使わせてもらえるようにこちらも綺麗に使う必要があると感じる次第でした。

横沢浜(湖南)と崎川浜(会津)に親近感がわくのは僕が横浜と川崎に生息しているのが関係あるのだろうか?

ここまでが猪苗代湖にて無料でキャンプ湖水浴が可能な場所をリサーチ!のお話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

日本で湖水浴が出来る湖に関する記事はこちらから(^^)/
琵琶湖の宮ヶ浜で日本の中でも数少ない泳げる湖水浴を体験!!!
【沼沢湖畔のキャンプ・湖水浴をリサーチ】現地の管理人が教えてくれた利用方法
【体験ブロブ】湖水浴が出来る沼沢湖畔キャンプ場でのテント泊はこんな感じ♪
熊出没注意!猪苗代湖の無料キャンプ場の心得はこちらから
猪苗代湖キャンプは熊に注意!地元管理人に聞いた対応策とは!?

 

タイトルとURLをコピーしました