夏の小田原わんぱくらんどの悲劇!うなぎ沢(じゃぶじゃぶ池)閉鎖中で熱中症寸前

アウトドア
スポンサーリンク

小田原わんぱくらんどのうなぎ沢で涼みに行ったはずが閉鎖中で熱中症寸前!

2018年7月29日(晴れ)台風が過ぎ去って暑さが予想されていたので水遊びを子供たちにさせてあげたいと小田原のわんぱくらんどに連れて行くことにした。

小田原わんぱくらんどは何度か行って勝手もわかっています。
この日は遊具で遊ばせてから涼しいうなぎ沢に移動しようという計画。

どうしてそこを選んだかと言うと台風後は海川は荒れているしプールはいつでも行けるという理由からです。

うなぎ沢だって沢なんだから荒れてるって考えるでしょ!?とお考えのあなた!はい、その辺はまったく考えていませんでした(T.T)
といわけで涼みにいったつもりが暑さで熱中症寸前の悲劇にあったお話です。

スポンサーリンク

うなぎ沢はどんなところ?

夏の暑い日は涼しいところに行きたいですよね♪この日は台風一過だったので海や川以外で水辺を探していました。

小田原わんぱくらんどの「うなぎ沢」には行ったことがあるのであそこなら大丈夫そうだと勝手に決め込んでいました(^^;

うなぎ沢自体は全長20mくらいの深くても足首くらいの浅いじゃぶじゃぶ池のようなところなので小学生の低学年くらいまでの子なら楽しんで遊ぶことが出来ますし安全性は高いと言えるでしょう。

すぐ脇にウッドデッキがあるのでそこに荷物を置いたり周りにサンシェードを置けるくらいのスペースはあるので親としては近くで見守れる。そんなところなので小さい子供連れにはちょうどいい感じ。

いざ到着してみると増水してる様子もないのですがロープが張られていました(>.<)
リサーチミス!やっちまった!頭が真っ白になりました!

真夏日の遊具広場は子供には危険

なぜそこまでショックだったかというと「うなぎ沢」に行く前にせっかくだからと小田原わんぱくらんどの「コスモワールド」にまず向かいました。

「コスモワールド」は小田原わんぱくらんどの中でも子供たちが大喜びする場所!「ローラー滑り台」と「ふわふわドーム」は鉄板のちょ~楽しい遊び場なので絶対におススメ♪

しかし真夏日だからと言って遊具が熱いというわけじゃないのですがなにしろ気温が暑い(>.<)

はじめのほうは喜んで遊んでいたのですが小学2年の息子のほうは途中で熱中症寸前になり木陰でリタイア。

僕も一緒になって遊んでいたんですが真夏日の公園遊びはアラフォオヤジにもしんどいですな…。

もう一つの楽しみであるターザンロープで風を切るがやはり暑い!もはや風を切っても温風でしかないのね(T.T)


ターザンロープがある公園で遊んだ関連記事はこちら(^^)
じゃぶじゃぶ池???川崎市の小田公園はもはや無料のミニプール説
http://datsusara-shinq.com/2018/07/23/odakoen-jabujabuike/
港北区の「太尾見晴らしの丘公園」が穴場どころの騒ぎじゃない!?
http://datsusara-shinq.com/2018/09/17/huto-miharashinookakoen/


この後に「うなぎ沢」があるという考えがショックの一つです。
「うなぎ沢」とは反対方向なので小学4年の娘のほうはまだ体力は余っているし暑くても何とかなりそうなヤギに餌やりに娘を連れて行ってきました。

ヤギの餌やりは子供の楽しみ♪

小田原わんぱくらんどに来るときは必ずヤギの餌やりをします。時間が決まっているのでいつもその時間に合わせて移動。

ヤギ、ヒツジのもぐもぐタイム 11:00~11:30 14:30~15:00

餌となる草は無料でお得
なんですが無料のおかげで多くの子供たちが集まります。時間に遅れて行くと餌がなくなってしまうので時間通りに行くのがおススメ♪

暑いながらもヤギの餌やりくらいはそんなに大変ではないし子供は夢中なので逆にインターバルとなりますね(^^;

好きだったはずのポニーの乗馬が…。

ヤギの餌やりの隣にポニー乗り場があるのですが子供たちに「今日も乗るか?」と聞いたら「乗らなくていい」…この時はまだ熱中症になりかかってない時間だったのにですよ…。

ポニーの利用時間は決まっていて料金もかかります。
ポニー利用時間 10:00~11:30 13:30~15:30
料金 1回300円

あんなに毎回喜んで乗っていたのにまさか断るとは!意外だったので以前に乗った写真だけ載せておきます、悲しい(T.T)

ポニーは帽子をかぶってお姉さんが1周引いてくれるのですがとてもゆっくりなので小さい子でも全然危なくないです。

確かうちの息子は年長くらいのときに乗りましたがそれくらいの子でも大丈夫でした。
さらに最後に撮影用にストップしてくれたので思い出の写真が出来ます(^^)

小田原城アドベンチャーも閉鎖中

動物とも触れ合ったし「うなぎ沢」に向かうべし!というわけで「コスモワールド」を抜けてわんぱく大橋を渡って行きます。

わんぱく大橋を渡ると小田原城を模様したアスレチックがあるのですが実はここも小田原わんぱくらんどの看板とも言える場所で子供たちは大好きです♪

しかしここも台風の影響か滑りやすいので閉鎖中という案内が(>.<)
以前も利用禁止になっていた時があったので利用条件が結構厳しいのかもしれませんね。

川崎のわが家から1時間ちょっとかかるのですがわざわざここまで来て「コスモワールド」「小田原城アドベンチャー」「うなぎ沢」の子供が喜ぶ3点セットのうちの2つも利用できなかったのが二つ目のショックでした(T.T)

というわけで前倒しして「うなぎ沢」に向かったところで「夏の小田原わんぱくらんどの悲劇!」というタイトルにつながるわけです…。

小田原わんぱくらんどに行く前にリサーチする方法

正直、リサーチしていなかった僕が100%悪いので仕方ありません。
ちなみにほとんど利用できずに2時間弱しか滞在していないのに駐車料金は1000円/日かかりました(T.T)

駐車場はいくつかあるのですが我が家が停めた第三駐車場には中止案内は書いておらず「うなぎ沢」に近い第二駐車場の入り口にはしっかりと今日の利用禁止の案内が。

そこに先に停めていればもう少し違う計画を立てられたのにな…。とはいえ来てからじゃ遅いのでもし微妙な天気の場合はこのサイトを見てから訪れることを強くオススメします(>.<)
http://odawara-jigyo-kyokai.jp/wanpaku/
もしくは 0465-24-3189 でお問合せ

しかしこの「小田原わんぱくらんど」は駐車料金1000円だけで1日中遊んでいられる格安大型公園なので小学生くらいのお子さんをお持ちのあなたにはマジでおススメです♪

今回は教訓にして次に遊びに来るときはしっかりリサーチしてから行くことにします(^^;

ここまでが夏の小田原わんぱくらんどの悲劇!うなぎ沢(じゃぶじゃぶ池)閉鎖中で熱中症寸前のお話でした(^^)
最後まで読んでいただきありがとうございました。


小田原で遊ぶんならこんなセットコースもありです!という記事はこちらから(^^)
鈴廣かまぼこでかわいい「海のすふれデザートカップ教室」を体験♪
http://datsusara-shinq.com/2018/07/30/suzuhiro-taiken/
格安温泉「コロナの湯」は塩分濃いめで温泉気分を抜群に味わえる♪
http://datsusara-shinq.com/2018/08/02/korona-onsen/

タイトルとURLをコピーしました