注文した商品が入ってない!マックの迅速なクレーム対応を体験

スポンサーリンク

今日は遠くまでお出掛け♪時間短縮のためにマックのドライブスルーで食べ物を調達して行くことになりました(^^)

わが家はマック大好き一家なのでたぶん月に1~2回くらいはお世話になっていると思います。

なにしろマックはdカードのポイントを使えるので無料で購入できるんです!!!他にもdカードは色々と使えるところが増えてきたのでメッチャ大活躍♪
dカードの話はまたどこかでしたいと思いますので置いといて。
ドライブスルーで買い物を済まして車を走らせること20分ほど、、、悲劇が起こりました(><)

そろそろマック食べよっか!ってことでそれぞれに分配。
僕は健康に気遣ってセットのサイドメニューで必ずサラダを注文します。

しかしそのサラダが入っていないんです!
ここからが本題のマックへのクレームとマックのクレーム対応の体験談です(笑)

マックにクレームの電話を入れたときマックはどんな対応をするのか?

条件としては遠方に遊びに行く途中、マックのドライブスルーでセットメニュー4人分を注文して会計をdポイントで済まして20分ほど車を走らせる。

それぞれ注文したものを分配したときに僕が注文したサイドメニューのサラダが入っていなかったことが判明してマックにクレームの電話を入れた。

スポンサーリンク

クレームはどのように入れたのか?

注文したレシートに書いてある内容を確認したりサイドメニューが別なものに変わっているんじゃないかという疑惑も持ちましたがやっぱり単純にサラダがない!

僕は運転中だったので妻に電話してくれって頼んだら「戻ろうよ、サラダ必要でしょ?」

僕が必ずサラダを食べることを知っているのでそういう返答になったのとそもそも争いごとが嫌いなので電話したくないんでしょう(^^;

そんなんで車を停めて自分で電話をすることにしました。
クレームと言ってもそんな大げさな話ではなく電話して事実を伝えました。

店員さんが電話に出たところからのやりとりです。
こういう話は店員さんにクレーム入れてもただ面倒だし困らせるだけなので責任者と話すのが手っ取り早いのはバカSHINQでもわかってます(^^;

僕「店長に変わってもらえますか?」
マック「お待ちください」「店長は不在なので社員の〇○です、いかがいたしましたか?」

僕「〇時〇分にドライブスルーでdポイントを使って購入したものなのですがサイドメニューのサラダ入ってなかったのですがもう後戻りできないのでどうしたらいいですか?」
クレームと言っても事実確認をした程度ですね(^^;

マック「〇〇円で〇〇セット注文したかたですよね?」
「間違いありません」
すぐに記録を読み取ったようです。

マックの迅速な対応とは?

こっちとしてはマックにも戻る気がないということはわかっていただけたようですぐさま次の対応をしてくれました。

マック「大変申し訳ございませんでした、もしよろしければ住所とお名前を教えていただけますか?」

なに?いきなり住所と名前聞くなんて個人情報だしどうしよう。。。でもこっちは悪いことしているわけではないし名の知れたマックだからととりあえず伝えました。

マック「こちらの住所に優待券を送らせていただいてもよろしいですか?」

なるほどそういうことか!こっちは戻る気もないし帰り道にサラダだけとりに帰るなんてバカバカしいので二つ返事でOKということにしました。

やりとりとしてはとてもスムーズに終えたのでこっちとしても納得してそのまま出かけけることにしました。

仮に取りに来いとか言われたらふざけんな!ってことになってましたが僕は優待券とか無料券とかいう言葉に弱いんで簡単に落ちたということです(^^;

あとは優待券を待つだけです!!!マックが大好きな我が家としては次回これでマックを買う時の足しになるという状態なので気が悪くならずにすんだということでした(^^)

最後に

わが家は単純なので「さすがマックは対応能力が高いな!」「やっぱり教育が行き届いているからクレーム処理も慣れているんだろう!」

というような会話になりましたがクレームというのは決して気持ちがいいものではないので出来れば避けたいのですがサラダの怨念がこもっていたので黙っていられませんでした(笑)

ポイントとしてはしっかりと事実を伝えて相手がどのような対応をしてくるか待つということ。

その上で納得がいけばお互い嫌な気持ちにならなくて済みますね。
今回はマックの迅速でスムーズな対応と我が家のようなマック大好き家族ならではの優待券で簡単に落ちる単純さで平和解決が出来たということ。

マックと言えども人がやってることなので間違いはありますがもし同じようなことがあり、この程度で落ちることが出来るというあなたはぜひ参考にしてください(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

暮らし/体験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHINQをフォローする
スポンサーリンク
低コストで高クオリティに楽しむブログ
タイトルとURLをコピーしました